カテゴリー別アーカイブ: 占い

手相占いのキホン!初心者でも簡単に診断できる手相の見方

手相占いのキホン!初心者でも簡単に診断できる手相の見方
私は手相に興味がありますが、皆さんは手相に興味はありますか?TVなどを見ていてもネットなどで様々な情報を調べてもスゴイ思います。手と脳は密接なつながりがあり、脳の状態が手に現れるというのが手相の考え方です。自分や人を決めつけるものではありません。
手相には各丘に意味があると言われています。丘が良い状態なら、その丘が表す力が備わっているというように見るのです。丘がふっくらしている、ピンク色でつやがあり、ハリがあるのが良い状態と言えます。
主な線としては、生命線、知能線、感情線、運命線となっています。この4本だけで様々なことを読み取ることが出来ると言われています。
感情線は長ければ長いほど自分の世界があり、守り抜きたいタイプで短い場合には、くるも拒まずオープンなタイプと見れます。感情線が標準的な長さ、人差し指と中指の間までのびている場合には、感情的にバランスが良く、好き嫌いが少ないと言えます。世の中とほどよい距離感で特に意識していない状態でも安定した毎日を送る事が出来ます。クセの強いものが苦手と言えます。
感情線が短い場合には、誰に対してもオープンで明るくノリもよくみんなと楽しく過ごす事が出来るタイプです。フットワークが軽く、恋愛では答えを急ぐ事があり、失恋しても早めに切り替えができるタイプです。
感情線が長く中指を超えて伸びている人は、感受性が高く、集団行動が苦手なタイプなので、一人になる時間がない場合にはストレスが溜まりやすくなってしまいます。恋愛に関しては、好きな相手をとことん愛し、失恋しても引きずってしまいやすいと言えます。
知能線からは価値観などを読み取ることが出来ます。知能線が標準的な傾きで緩やかにカーブしている人は、客観的でバランスのとれた考え方が出来ます。失敗しそうなことを回避する為に、冒険や挑戦は少ないと言えます。平穏を好んで、不正やハラスメントなどを目にしても指摘する事が出来ず、見過ごしてしまうタイプです。
知能線がまっすぐ横に走っている人は、現実的に物事を捕らえて、実行していく人です。物事を曖昧にする事もありまん。金銭感覚に優れたタイプで対人交渉力があり、結果や実績でシビアに人を判断する面があります。
まっすぐな運命線を持っている人は、若い頃からはっきりした目標を持っていて自力で運をつかみとる人です。
手相により様々なことを知ることができますが、何よりも自分なりに参考にする程度で済ませるようにしましょう。会話などのコミュニケーション能力をアップする為には、さまざまな事覚ええることにより、友達などと一緒に手相の話で盛り上がると思います。

ラッキーカラーを理解して幸運を引き寄せよう!

ラッキーカラーを理解して幸運を引き寄せよう!
ラッキーカラーを理解することにより、運気をアップする事ができると言われています。今回は2017年のラッキーカラーを紹介しますので参考にしてみてくださいね。
2017年の落暉カラーは、ゴールド、シルバー、ブルーです。もう一つは、サクラピンク、エメラルドブルー、ミルキーホワイトです。ラッキーカラーを上手に活用して、素敵な2017年を過ごしましょう。
・ゴールドは21世紀のラッキーカラーです。金運を引き寄せ厄を落とす力がゴールドにあります。また、集中する、タイミングよく運を高める事が出来る作用もあります。運がいい人とはタイミングが良いとも考えられています。仕事運、人気運、才能を高める、タイミングをする色で、更にチャンスに強いパワーがあります。アクセサリーなどを上手に身につけるようにしましょう。
・シルバーです。金の気を持つとともに、月の光を象徴する色です。イメージとしては、知性、安定、落ち着きなどが挙げられます。金運については財産、財運といった意味を持っています。才能の成長、自己表現の向上などを表しているので、トップの金に比べ伸び代を感じさせて、もうひと頑張り、あと一歩という向上心を後押ししてくれます。ビジネスや学業の向上、家庭の安定などと相性が良いと言えます。アクセサリーとして身につけやすくオシャレとしても楽しむ事が出来ます。
・ブルーです。仕事や学業を後押ししてくれる色です。冷静さ、落ち着き、安定などのキーワードを持っています。風水で勉強部屋、書斎、寝室に青がお勧めできるのは、安定やビジネス、学業に必要な精神の安定をもたらす色だからなのです。
ラッキーカラーは種類ではありません。風水では、人それぞれ生年月日と性別により自分自身を表す事が出来るラッキーカラー、パワーをもらうことができるラッキーカラーは味方になってくれます。
生年月日や性別を無視した今年のラッキーカラーという名目で表現しているのは本来の運気ではないと言われていて、その日の運気によりカラーを使い分けることにより、運気をアップすることが出来ると言われています。
実際にラッキーカラーを聞くといつも身につけようと感じてしまいますが、その日などにより違ってくる事もありますが、何より自分に合った色で実際についてると感じる事もありますが、落ちてると感じる時もあります。
何よりも大切なことはこだわるのではなく、自分なりにアイテムやアクセサリーなどで取り入れることが何よりおすすめできます。実際に、すべての色を合わせる事は難しいと感じますが、自然に身につける事が出来る色の場合には、自然体で運気アップを目指す事が出来ると言えます。
ゴールドやシルバーに関してはアクセサリーをつける事が多い女性とり、うれしい色でもあり、自然にオシャレを楽しめることになりますので、自分の味方になってくれるカラーでもあります。

初めて占いを知ったのは小学生の時でした。

初めて占いを知ったのは小学生の時でした。

私の場合は毎日の運勢をテレビで一日の過ごし方を見ることから始まりました。

それから、様々な占いを試してみました。
人生に関する事や勿論恋愛に関する事、仕事に関する事もお金に関する事結婚に関する事等。

一時期、占いにハマってしまい依存状態に近くなり占いで一喜一憂していた程でした。
しかし、このままではいけないと思い一旦その事から離れてみることにしました。

始めの内は、直ぐに頼ろうとしてしまっていたけれども社会人になり仕事に追われて
暫く占いの事など頭からすっかり無くなっていました。

けれども仕事で躓いた時にどうしたらスムーズに進められるのだろうか、
アドバイス的な答えが欲しくて占ってみました。

その時の結果はとても自信が付いて前に進む事が出来ました。
この時占いと言うのは依存してしまってはいけないのですが、
人生をより楽しく過ごす為にまた今までの自分から一歩抜け出して
新しい自分を作る為にもよい手助けになると思えるようになりました。

今では、殆ど占いをする事がありませんが時々サイトを見たりしています。

様々な占いがどんどん増えて(特に恋愛関係)いますが、今一番興味があるのはより素敵な
人生を送る為に今必要な事は何か?

や3年・5年・10年後の自分についての占いです。
結果については、全てを信じてしまう訳ではなくあくまでもその未来よりも
良い未来を自分で作っていこうと思えるアドバイスとして受け取る事にしています。

私は今まで占い師に占ってもらった事がありません。

何となく気になるのですが本当に信じられる占い師はいるのだろうかと思ってしまっているのです。
それに、私の住んでいる地域では占い師がいないので直ぐに視て貰う訳に行かないのも一つの理由です。

いるかもしれないですが、それこそ口コミ等の評判がある訳ではないので
やはり実際に見て貰う事に抵抗があるのかもしれません。

人は人を言葉でコントロールする事が出来るので、催眠によって暗示にかかってしまうのではないか
という思いもあり、個人的にはサイト中心になっています。

最近、占うには必ず生年月日が必要となりますが自分に関してはその生年月日が
本当に自分のとして認識していいのか疑問に思うようになりました。

それは時々自分の事のように感じられない結果が出たりすることもあるからです。

それは占いの精度が上がったからこそのズレが出てきているようにも思えるのです。という事で、
今は自分の生年月日をこちらから言わずにあててくれる占い師がいるかどうか探しているところです。

それでもなかなか見つからないのでもし、一言も言わず生年月日から始まって性格面、
経済状況、恋愛面、仕事面それぞれについて自分でも知らない部分まで言い当ててくれる
としたら、その時は本物だと信じてみたいと思います。

占い師の話を勉強の一つと捉えてすぐには信じようとしないというところがあります。

占い師の話を勉強の一つと捉えてすぐには信じようとしないというところがあります。

ある日、いつものように占いをしてもらおうとある占いのお店に行きました。
私は基本的に、最初に名前や生年月日など占い師に聞かれる事について情報提供した後は、
私からは何も話さず、まず占い師の話を100パーセント聞くようにしております。

もし先に悩みなどを話した場合占い師は、私が話す内容についてのコメント返しで
ただの人生相談のようになったり、私の動作や話の同調などにより、私自身のことを推測されるからです。

そうした場合、ただの心理カウンセラーだと私は思うからです。
占いというのは、相手の事情は何も聞かなくても、名前や生年月日だけで人生を推測しそれを教えてくれるもの、
一方的に話してこそが真の占い師だと思うからです。

話の続きですが、あるお店に行き、いつものように情報提供して、
どのようなお話をされるのかとワクワクして待っていました。

私はいつもいろいろ話される事について、もし事実であればうなずきますが、
違っていたりそうでない場合は否定をすることもあります。

その日話された内容は、明らかに私の事実と違っており、誰にでも当てはまるようなことをいうので、
違う違うと否定ばかりしていた所、担当していた男性占い師は泣き始めました。

どうやらその方は新人のようで、最近脱サラをして、占い師に転職し、日々勉強中のようだったので、
まだあまり知識もなく、説得力のある話し方というのができなかったようです。

そんな折、私があまりにも否定をするものですからつい本音が出て、
今までみんな信じてくれてそんな事を言われたことはないと言い出しました。

でも私も妥協をすることはなく、私も占いの勉強をしているのでだいたい言われることは分かります、
違うものは違うといっているだけです、と言って半ばけんかのようになり、
それ以上話すことはないというのでそのまま帰りました。

私は勉強したくて当たり前の事以上のことを望んでいたので、ガックリきてしまいました。
でも帰ったあとで、ちょっと可愛そうなことをしたかなーと反省する私でした。

その後の仕事に影響なければいいんですけど。
ただ、まだ勉強中とはいえちょっと頼りない感じの話し方だったので、
知識もですがやはり話し方の勉強も必要なのではないかなと思いました。

ベテラン占い師さんはやはりその辺がとてもお上手で例えウソでも説得力があるので信じてしまいます。
でもそもそも占いというのは自己暗示的なところもあるので、訪れた人が悩みが解決し
ハッピーになればそれでよいかなと思います。